HOME   ▽唐草模様   ▽キャラクター   ▽包み方   ▽バッグ   ▽防水   ▽便利   ▽デザイン   ▽サイトマップ

京都のかわいい風呂敷

風呂敷でバッグを簡単に作る作り方

風呂敷は様々な使い方ができる万能なアイテムです。
物を包むことに使えるのはもちろん、特に便利な使い方は
バッグとして使用することです。

端を結ぶだけで簡単にバッグが作れます。
作り方は、結び方によって幾通りもあります。

万能な

例えば、広げた風呂敷の四隅を一つ結びにし、隣り合う二つの端同士を結べば
二つの持ち手のあるバッグが出来上がります。

風呂敷を裏面にして三角形に畳んでから、左右の端をそれぞれ一つ結びにし
表面にひっくり返して、結んだ両端を内側に入れて残った端二つを結んで
持ち手にする、という作り方もあります。

便利な

他には、広げた風呂敷の隣り合った端同士を一回結んだ後、持ち手の輪を作るようにして
その先端を結び、反対側も同じようにすると、物の出し入れがしやすい
トートバッグの形になります。

中央に包むものを置いた、広げた風呂敷の隣り合った端同士を
持ち手の輪ができるように結び、二つの結び目を持って
片方の結び目の輪をもう一方の輪にくぐらせてもバッグになります。

このようなサイズの大きめな風呂敷であれば、バッグの代わり以外にも
多くの使用用途があります。

例えば大きめのテーブルにクロス代わりにひいてみたり、
あるいはピクニックの時にレジャーシートの代わりにもなります。

風呂敷は何かを包むだけではなく、今ではこういった様々な使用方法が
考えられていますので、ぜひ使いながら新しい楽しみ方を
考えてみて下さい。

Copyright(c) foroforo Inc. All Rights Reserved.